中古車オークションの利用と車選びは慎重に

まだ学生だった頃ですが、友人から譲り受けたレジアスの走行距離が20万キロを超えたので、中古車オークションの代行を使ってトヨタのエスティマを購入したときの話です。

中古車オークションの代行は、業者専用のオークションから中古車を購入することができ、手数料を下げることができるため、非常にリーズナブルに車を手に入れることができます。

その反面、オークションで落札した中古車に不具合があっても、自己責任となるというデメリットもあります。

当時は、学生でしたのでお金が無く、友人の実家が中古車を扱っていたので、このサービスを利用したのですが、これが失敗でした。

こちらが提示した中古車の条件は3点です。

①トヨタ車であること(前に乗っていたレジアスが、20万キロを超えても安全に走行できたので、トヨタ車にはこだわりがありました)。

②8人乗りのワンボックスであること(サークル員とカヌーなどに出かけるため、大型のものが必要でした)。

③値段が30万円以下(当時からすれば、これでも大金でしたが今となっては無茶な要求だったと思います)。

レジアスが20万キロも走っていたので走行距離については気にしませんでした。

あまりの値段設定に、はじめは業者の親父さんも「これは無理かなぁ」と言っていたのですが、程なくして条件に合うエスティマが見つかったと電話を頂き、即座に契約しました。

走行距離こそ10万キロ近かったものの、外装内装ともに非常にきれいで、サークル員と非常に喜んだものでした。

その時、このエスティマが改造車であることを聞きました。

この改造車というのに後々大変苦しむことになります。

おかしいなと思ったのは、冬のスキーに行く際、タイヤをスタッドレスに履きかえたときでした。純正ではないホイールを無理やり付けているので、タイヤの軸(?)にゆがみがあるというのです。

「大したことないから、大丈夫だと思うよ」とのことでしたので、その時は放置しておいてのですが、2年くらい乗ったある日、フロントブレーキがかかったまま解除されなくなってしまいました。

私は車の整備には詳しくなく、前輪のブレーキがロックされたまま無理やり運転して、オートバックスまで持って行きましたが、ディスクブレーキのプレートが真っ赤に焼けてパッドが半分くらいになるという大失敗を犯してしまいました。

整備の人が言うには、もうすぐでブレーキが利かなくなるところだったとのことです。

恐ろしい限りです。

確かに、私のむちゃくちゃな運転が引き起こした事態ではあるのですが、改造車のメンテナンスはかなりややこしいというのは間違いありません。

トヨペットで整備を断られることもあり、車のメンテナンスが非常に億劫になってしまうのです。

結局、修理に10万近くかかると言われたので、残念ながら廃車にすることにしました。

こんなことなら、はじめから中古者オークションで「改造車以外!」と言っておけばよかったと後悔しています。

廃車手続きは中古車業者大手のガリバーを利用しましたが、10万キロを超えるということで有料での廃車引き取りとなりました。

税金が多少戻ってきたのは幸いですが。

後で知ったのですが、廃車にするのでも車買取専門店を比較すれば、値段を上げることが出来たようです。

別件でヤフー知恵袋を見ているときに、中古車を高く買ってくれる中古車買取専門店ランキングを教えてくださいという質問を見て、10万キロを超えてるとは言え有料というのは変だったかなと思いました。

何事も人生経験ですが、後になって不満を覚えても仕方ないので、次に生かして専門店の利用をしたいと思います。

ちなみに、レジアスの廃車手続きは中古者オークションをしてくれた友人のつてでお願いしたのですが、こちらは1万円くらいにはなりました。

友人が言うには、車としてはほとんど価値はないのだけれど、鉄くずとしては結構な値段になるので、どんな状態でも金は出すとのことでした。

友人が紹介してくれた業者は、ブラジル人運転手が巨大なレッカー車を持ってきて、一万円をぽんと渡されただけで終わってしまうという怪しげな業者でしたので、この業界のスタンダードだとは思えませんので、参考程度にしてください。

なんにしても、中古車オークション代行には、一定の知識が必要だということです。

私みたいに値段ばかりを気にしていると、後々めんどくさいことになります。

安いものには理由があるということをくれぐれも忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です